〒104-0061 東京都中央区銀座8-16-10 B601
03−5847−5883


●時局大演説会:9.11 第54回ヴェネチア・ビエンナーレ・リポートat 新・港
村−「ヴェネチアから見た日本、東アジアのART」

多文化主義を通過した世界芸術の今とは。姿を現した10年代の現代美術の動向がこ
こにある。

イタリアで第54回ヴェネチア・ビエンナーレが開催されている。テーマは
「ILLUMInations」で、光のほか、「啓蒙」といった意味も含む。「nations」が小文
字になっているのは、「国家」「民族」というものがサブテーマになっている。だ
が、そんななか、日本のアートの顔がここではあまり見えない。対して中国や香港、
マカオ、台湾と中華圏の作家たちは、毎回注目されてきた。おりしも3.11以後、
日本は否応なしに変化せざるを得ないだろう。この変革期を、日本現代美術を世界に
認知させるためにはいかにすべきか、の好機ととらえ、ヴェネチア・ビエンナーレを
紹介しつつここでの日本および東アジアアート全般を考察する。

9月11日(日)
午後3時〜6時
会場 新・港村(新港ピア) Dゾーン 倭館(続・朝鮮通信使ブース)
聴講料500円
*プラス新・港村入場料金300円がかかります。

主催 銀座芸術研究所 〒104-0016東京都中央区銀座8−16−10 B601    
tel.03‐5847‐5883  mobile.090‐3803‐1989  
http://gin-ken.com
企画 羽月雅人(続・朝鮮通信使メンバー)
後援 MACL
協力 BankART1929  
続・朝鮮通信使
問合せ 090-6100-1277(羽月)

レクチャー 16:00〜
森下泰輔
菅間圭子

●パフォーマンス
○菅間圭子 "Agua de Beber" 15:00〜
"Agua de Beber" 映像+ノイズ+アクション 
本年4月イタリア・サルデ−ニャでおこなわれたvideo&performance festival、
InterAzioni XXIV−Misteri al Femminile 出品作品。3・11のTsunamiおよび 原発
事故をモチーフにした映像『After March 11』を背景に、よく知られたボサノバの名
曲『Agua de Beber(日本語タイトル:おいしい水)』をノイズ化する。今回の震災
では'水'によって多くのものが破壊されたが、同時に我々の文明は'水'を汚した。ボ
サノバ『おいしい水』のけだるい甘さはオシャレな都会生活や海辺のリゾートを連想
させるに充分だが、これらの"おいしい"生活は危険極まりない技術の上に成り立って
いる。

○Shino.K アートウィルスソフトウェア「Le Cafe Yorda」(ル・カフェ・ヨルダ)
―the next stage of “妄想酒場スナック紫乃” 
本パフォーマンスについてのみ300円が別に入ります。

○r00ar





プレゼンテーター
森下泰輔(モリシタ タイスケ)
美術家。美術評論家。銀座芸術研究所ディレクター。
評論の仕事として「月刊ギャラリー」で第50回、51回ヴェネチア・ビエンナーレをリ
ポート。1993年以来、ほぼ連続してビエンナーレを分析している。北仲ホワイトや第
二回横浜トリエンナーレ、ZAIMでビエンナーレに関するレクチャー。過去にマイク・
ケリー、草間彌生、会田誠、トニー・アウスラー(Freak Out誌)、日向あき子(LR
誌)らと対論。「ウォーホル365日展」カタログ(1983)、コスタビ・横尾忠則コ
ラボレーション展カタログ主評論(1993)のほか「リチャード・エステスと写真以
降」でギャラリーステーション評論公募最優秀賞。「カルトQ」(フジテレビ)PO
Pアートの回カルトキング。「しんぶん赤旗」に政治的アートに言及した第52回のほ
か、第53回、第54回と連続してヴェネチア・ビエンナーレ論を掲載。

菅間圭子(カンマ ケイコ)
美術家。パフォーマンス・アーティスト。銀座芸術研究所ディレクター。
「月刊ギャラリー」での第50回、51回ヴェネチア・リポートの写真を担当。また週刊
新潮のグラビアに第45回ヴェネチア・ビエンナーレの写真を提供。 銀座芸術研究所
での展覧会企画に携わる一方で、アーティストとして国内外で作品を発表。 主なパ
フォーマンス作品は、「バベルの塔」(InterAzioni Festival, イタリア・サルデー
ニャ、2000年)、「Once Upon a Time in Your Life」(Visualeyes Festival,カナ
ダ・エドモントン、2005年)、「Broken word performance」("Articule", カナダ
・モントリオール、2006年)。主な個展は「The Niagara Tale」(FusionArts
Museum, ニューヨーク、2006年)などがある。昨年度の銀座芸術研究所主事業は
「平城遷都1300年祭公式展示 時空 Between time and space 平城宮跡」。

パフォーマンス
Shino.K
パフォーマンス“妄想酒場スナック紫乃”を過去横浜トリエンナーレで行ったほか、
継続して行っている。

r00ar
山崎篤志 1976年生、デザイナー、アーティスト、ブログカマー他
http://www.ts5h.com


新・港村(新港ピア) 横浜市中区新港2−5
横浜みなとみらい線「馬車道駅」6番出口(赤レンガ倉庫口)徒歩10分

*本企画はヨコハマトリエンナーレ2011連携プログラムに参加しています。
アクセス http://shinminatomura.com
許可なく本ホームページの画像・文章その他を複製・引用し、あらゆる商業目的に使用することを固くお断りいたします。